新刊『野菜の教え』(上下2巻) が発行されて、約3か月が経ちました。
IMG_9253

嬉しいご感想もたくさんいただき、本当にありがとうございます。
ある親御さんからは「絵本を見た子どもが喜んでクイズを出してきて、親子で盛り上がりました」、小学校の栄養教諭の先生からは「給食でもよく使う身近な食材ばかり。子どもたちに伝えたいお話が盛りだくさん」とご感想をいただきました。

ある書店店長からも「野菜の絵本はよくあるが、切り口が新鮮でフシギオモシロイ!」と、仕入れのご決断をいただきました。

保育園の先生からも嬉しいお手紙を頂戴しましたので、一部をご紹介させていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
3、4、5歳児どのクラスも、字が読める子もまだ読めない子も、楽しそうに絵本を見ています。
「トマトがなんで赤いか知ってる?」「かぼちゃは赤ちゃんなんだよ」
話の切り口も面白いですが、インパクトのあるカラーの絵や構成が、さらに子どもの関心を引くようです。
子どもたちによって特に気に入ったページがあるようですが、それぞれが興味を持つきっかけとなり、別の日には違うページを見ています。

畑に行ったあとは、栽培している野菜のページを友達と見つけてみたりと、興味の広がりがそのままこの絵本につながっているので、何度でも楽しむことができます。
その時はよく分からなかった内容も、あとで読み返すと「そういうことだったのか」と分かるようになり、その子の成長と共に楽しめる絵本だと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
©️2020 GUN-YOSHA